+にゃんにゃんにゃんこの演習+ ソラ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソラ

ソラをプレイしました。
ついでに、イージーでクリアしました。

そんな核心に迫ることは書きませんが、演出について言及しているので、自分でプレイして感動を味わいたい人は注意。
てかプレイしてない人は見ないことをすっごくオススメ。


詳細は続きを読むから

すごく面白かったです。
体験版とは違って、初回起動時は、「設定→チュートリアル→イージー1面→オープニングムービー→タイトル画面」の流れになってます。

このゲームが苦手な人だとタイトル画面見るまでかなり苦労するかも……(笑




で、このソラという作品、演出が神懸っています。
それまでに考えられなかった新しいものを見ると衝撃を受ける、という、演出の、当たり前だけど大切な要素をしっかり抑えてます。

3面まではあまりインパクトのあるシーンは少ないのですが、4面では味方の軍との会話シーンから始まったり、ボス戦のBGMはボーカル入りだったり……
5面では両腕のない女の子が出てきたり、3段階に変形したり……
ラスボスとの遭遇時には会話にボイスが入るなど、進行によって次々新しい演出が試みられています。

分かる人でないとちょっと???かもしれませんが、これって結構勇気が要ることだったりします。
統一感を捨てるってのは、ゲームを作る際に、大切だけど、結構精神的に大変だったりしますし


何が言いたいかというと、ソラの演出スゲー!!ってことです。エンディングはちょっと物足りなかったけど



ゲームバランスの方も、ハズレ武器はない、といってもいいくらいバランス取れてましたし。
難易度は相変わらず高かったけど……







さて、
ソラを一旦終えて、現在妖精大戦争プレイ中だったりします。
エキストラの道中ながいよー!

テーマ : 同人ゲーム
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

Secre

+サークルのサイト+
森の中の猫の小屋 author:稲塚 春
+twitter+
+エントリサーチ+
+カテゴリ別エントリ+
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。